2017年10月05日更新
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード

禁煙すると太る理由

禁煙後に太る理由を考える人たち禁煙と聞いて多くの方々が意識するのが、太るという事です。禁煙後に太るというのは一見迷信のように感じられますが、実はしっかりとした関係性があります。禁煙後に体重が増加する場合、平均的に3キログラム程増えると言われています。その理由は害のある煙草の成分が体内に取り込まれなくなった事で、味覚が良くなり胃腸が良好になるためです。味覚が良好になれば食事がより一層美味しく感じられますし、胃腸が良くなると多くの食べ物を摂り込むことができるようになることが関係しています。
そして煙草を口に咥える機会が無くなるので、口寂しくなることも禁煙後に肥満になる事案と大きく関与しています。人間は口寂しくなると、つい食べ物を食べてしまいます。人間の本能なので我慢してしまうと、大きなストレスになり他の事柄に悪影響が及ぶ危険性があります。禁煙した後に太らないためには、砂糖が使われていないガムや飴を選んで口にしたり、カロリーが低い物を口にしてください。また、氷を口に含んでおくことも効果的なので覚えておくと良いでしょう。
禁煙を目指していると、高い確率で体重や体脂肪率が高くなってしまうのは、仕方ありません。禁煙に加えてダイエットまで始めてしまうと、心身に対してとても大きな負担になってしまうので、ダイエットは後回しにしましょう。煙草をやめる目処がついた時に運動を行ったり、食事制限を行うなどして減量していくようにしてください。禁煙に成功した後に運動を行うと、以前よりも酸素が美味しく感じられますし、息切れもしにくくなるので屋外で行うスポーツなどが楽しく感じるようになります。こうした点から、新しい趣味が見つかることもあります。

あわせて読みたい記事