2017年11月10日更新
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード

無香料のリキッドもあるベイプは禁煙に最適

長年喫煙していた人も昨今では煙草の価格の値上がりによって健康にもお財布にも優しくないため、これを機会に多くの喫煙者が禁煙を考えようとしてきています。しかしストレス解消で吸っていて強い依存性がある煙草を簡単にやめることはできず、少なくとも禁煙を支援するストレス解消になるアイテムが必要になってきます。それが今話題になっている電子煙草のベイプです。
ベイプの香りは無香料のものから甘い香りや煙草味のものなど様々で、無香料というのは喫煙者からすると驚きです。電熱によって水蒸気を発してそれを吸引するので、タールやニコチンといったものは入っていないため安心して使うことができます。特にタールの独特の臭いは室内や自身の洋服にも染みこみ周りから嫌な顔をされることもあると思います。さらに口臭も煙草臭さがついてしまって女性にはそれが理由で敬遠される存在になっています。ベイプは香りや風味を変えるためにある液体のリキッドを燃焼することで煙を出すのですが、そのリキッドは様々なタイプがあるため香りも自分好みに楽しむことができ、周囲の人に少しでも臭いを感じさせたくない場合は無香料のリキッドを選べばいいのです。周りに迷惑をかけず、安心して禁煙に勤しむことができます。ただし勘違いしないでほしいのは、ニコチンが入ったリキッドは国内では販売も製造も禁止されています。ニコチンの入ったリキッドは海外から個人輸入でもしない限り入手できないのでニコチンの欲求は止められません。禁煙は最初の3日が一番重要だと言われていますので、ここをベイプの力でなんとか乗り切っていって体内からニコチンを取り切っていくと1ヶ月禁煙、半年禁煙と続けていくことができます。

あわせて読みたい記事